AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに営業が合格する方法

インフラエンジニア勉強方法

このページでは、営業など(非エンジニア)の人が、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格するための勉強方法を紹介します。

あなたは、以下のような悩みを抱えているのではないでしょうか。

営業(非エンジニア)でもAWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格できるのか?

IT知識ほぼゼロから合格する勉強方法は?

このページを読めば、IT知識ほぼゼロからAWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格するための教材や勉強方法が分かります。

資格試験の合格することで、AWSやITの基礎知識を得ることができるので、お客さんとより技術面に関するコミュニケーションが取れるようになり、営業に活かすことができます。

実際に私もAWS未経験の状態から、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに1発合格することができました。

記事後半にお役立ち情報もあるので、ぜひ最後までご覧ください。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトで営業に必要な3つの知識

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトで営業に必要な3つの知識

コンピュータの基礎知識

AWSの基盤はクラウド上ではあるものの、必要な基礎知識はオンプレと変わりません。

いわゆるインフラエンジニアに求められる最低限の基礎知識がAWSでも求められます。

AWSの参考書ではITの基礎知識に関する説明は省かれることが多いため、前提としてある程度のコンピュータ知識は勉強しておく必要があります。

クラウドサービスはオンラインでの操作になるため、特にネットワーク・セキュリティーに関する知識は大事です。

例えば、IPアドレス、ネットワークアドレス、CIDR表記、ポート番号、デフォルトゲートウェイ、NAT、DNS、ファイアウォールなどの意味や仕組みについては、先に理解しておいたほうがAWSの勉強がスムーズに進みます。

AWSの基礎知識

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの勉強の前に、AWSの基礎知識が必要となります。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトは、AWSの資格の中でも中級レベルの資格です。そのため、受験対象者は1年以上の実務経験を持つ人が目安になっています。

AWSに関する基礎知識が当然必要になるため、未経験者はまずはAWSの基礎知識から勉強したほうがいいです。

リージョン、アベイラビリティーゾーンなどAWSインフラの知識や、EC2、VPC、IAMなどの各サービス情報、セキュリティーに関する知識など、基本的なことからおさえていきましょう。

今時点でAWS未経験の人でも心配ありません。AWSの知識ゼロから合格するための教材を後ほど紹介します。

AWSの設計・構築に関する専門知識

あとは、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトで問われるAWSの設計・構築関連の知識です。

システムの可用性、耐障害性など、ベストプラクティスに基づく実装を提供できる技術などが必要となります。

そのために、AWSのサーバ、ネットワーク、ストレージ、データベースなどの細かい仕様と、Web3層などのベストプラクティスに沿った構成パターンなどを覚えておく必要があります。

営業(非エンジニア)におすすめの教材

営業(非エンジニア)におすすめの教材

UdemyのAWSの講座

Udemyとは、オンラインで動画講座を受講できるサービスで、講座単位で購入し受講することができます。

↓ユーザ登録は無料なので、まずは登録してみましょう
Udemy

おすすめの講座を以下がおすすめの講座です。

■ Udemyのおすすめ講座①

AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得

【内容】
こちらの講座は、講義とハンズオン(自分で手を動かして実践しながら学ぶ方法)で構成されており、AWSの基礎知識とコンピュータ基礎知識をまとめて学べる内容となっています。

AWSを使ってサーバとネットワーク構築を実践しながら、AWSの代表的なサービスの説明と構築手順、さらにそこで必要となるインフラ基礎知識も解説されています。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトを受けるのに前提となる、AWSの基礎知識とコンピュータの基礎知識がセットで学べる教材は意外と少ないです。

なるべく簡単な言葉で丁寧に説明をされているので、非エンジニアの人におすすめです。

【受講者の評価と口コミ】
評価: 4.4点(5点満点中)
受講者:19673人
※2020/12/3時点

以下は口コミです。

インフラとは?からAWSでの基本的なサービス構築までとても分かりやすく、IT業界未経験の方、ITインフラ初学者の方などにはとてもおすすめ出来る内容でした。参考までに、自分が学習を終えた時の金額として、0.6USD(日本円で64円程度)で、負担もかからずに学習を終える事も出来ます。

説明が大変わかりやすかった。各セクションの最初にこれから学ぶ内容の説明があり、セクション終了時にまとめが整理されている。AWSはサービスの種類が大変多く、個々のサービスの設定項目も多いので、動画で学習する事により、設定時に解説を聞けるので効率の良い技術習得ができた。課金に対する注意事項やベストプラクティスも参考になる点が多くあった。今後業務や個人で活用していきたい

評価4.4点は、他のAWS講座と比べてもかなり高い点数です。

こちらの講座を購入してみる

■ Udemyのおすすめ講座②

【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

【内容】
こちらは講義ではなく問題集です。この問題集の4つのおすすめポイントを以下にまとめてみました、ぜひ確認してみてください。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題集のおすすめNo1はこれ
AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題集を紹介しています。市販の参考書などに練習問題はありますが、問題集の少なさや質に不満を感じていませんか。こちらの記事では問題数・質ともに文句なしのおすすめ問題集を紹介しています。ぜひご覧ください。

資格対策本

■ この1冊で合格-AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト-テキスト-問題集

この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト テキスト&問題集

こちらの本は頻出ポイントについて解説されており、図解を多く使用して初心者にも分かりやすく説明されているのが特徴です。練習問題とは別に、模擬試験が付いています。

AWSサービスごとの章立てになっているため、あとで特定のAWSサービスについて見返す際に復習しやすいです。

おすすめの勉強方法

おすすめの勉強方法

以下の順番で勉強していくのがおすすめです。

・基礎知識の習得(2週間くらい)
上記で紹介したUdemyの講座 「AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得」などで、IT基礎知識とAWSの基礎を学ぶ。

・資格対策本で勉強(1〜2週間くらい)
上記で紹介したような市販の資格対策本で、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの勉強をする。資格対策本はどれを選んでもそれほど大差はないです。それよりも下記の通り問題をたくさん解くことが大事です。

・問題をたくさん解く(1〜2週間くらい)
実践問題をたくさん解くことが、合格のするための一番の近道です。上記で紹介したUdemyの問題集ならば、問題の質と量ともに十分なのですごくおすすめです。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトのお役立ち情報

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトのお役立ち情報

試験概要や、よくある疑問をこちらにまとめてみました。
https://papa-engineer.xyz/aws-saa-gaiyou/

申し込み手順を以下にまとめました。やってみると意外と分かりにくくてつまづくところなので、申し込みがまだの方はぜひ参考にしてください。
https://papa-engineer.xyz/aws-saa-jukenhouhou/

コメント

タイトルとURLをコピーしました