AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題集のおすすめNo1はこれ

インフラエンジニア勉強方法

この記事では、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題集のおすすめを紹介します。

資格勉強を進めていく中で、あなたは以下のようなことを感じていませんか。

参考書の問題数が少ないので、もっと問題を解く練習がしたい

でも教材にあまり高いお金は掛けたくないし、どれを購入したら良いかも分からない

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの市販の参考書には練習問題がついていますが、実践的な問題が少なくて合格できるか不安ですよね。

でも大丈夫です。この記事で紹介している問題集で勉強すれば、合格がぐっと近づきます。

この問題集を実際に購入して勉強したところ、AWSの実務経験なしの私でも見事1発合格することができました。

ホントにその問題集で合格できるのお?と疑問に思った方は、ぜひ最後まで読んで判断してみてください。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題集のおすすめNo1はこれ

先に結論を言うと、Udemyのこちらの問題集がおすすめです。


【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

Udemyは、世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、無料のユーザ登録をすれば、様々な講座を購入・受講することができます。

合計で130,000もの講座数があり、ITだけでなく、デザイン、マーケティング、ビジネススキルや、趣味的なものまで揃っています。

ユーザ登録は無料なので、まずは登録してみましょう。

Udemy

また、通常価格よりもっと安く購入する裏技について後半で紹介しているのでお見逃しなく。

この問題集をおすすめする4つの理由

こちらの問題集をおすすめする理由は以下の通り4つあります。

問題のレベル感が本試験に近い

まず1番に問題のレベル感が本試験に近いのがいいです。

講座の説明欄にも書いてありますが、本試験と同等か少し難しいくらいのレベルの問題で構成されています。

市販の参考書にも練習問題はありますが、基礎知識を確認する問題など、比較的簡単な問題が多いです。

もちろん基礎知識の確認も必要ですが、早めに本試験に近いレベル感の問題を経験して対策しておくことが大事です。

また、AWSはどんどん新しい技術が出てくるため、問題内容が最新情報と合致しないなどの懸念があります。

参考書に載っている問題は、月日の経過と共に古い情報になっていってしまいますが、こちらの問題集の作成者の方が頻繁に問題を修正してくれており(誤記などの修正含む)問題の質が高いです。

問題文や出題形式が本番同等

いわゆる模擬試験のようになっています。本試験と同じ問題数(65問)で1セットの構成になっており(合計6セットついてきます)、解答方式も本試験と同様の選択式になっていて、時間(130分)もカウントダウンしてくれる仕様になっています。

また、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの問題文は長文で書かれているのが特徴的ですが、その部分も含めて本試験にそっくりになっています。

いきなり本試験に臨むと、長い問題文にとまどってしまったり、時間配分が分からなかったりします。

事前にこの問題集を繰り返し実施することで、試験慣れすることができます。

コストパフォーマンスがいい

問題数が390問(65問×6セット)と数が多いため、いろんな問題パターンを経験できます。これで3,600円は安いです。

ちなみに、AWS公式のソリューションアーキテクトアソシエイトの模擬試験は、20問で2000円です。

通常価格でも安いのですが、先ほど書いた通りもっと安く購入する方法があります。

それはUdemyのセール時に購入することです。

Udemyではおよそ月に1回くらいの頻度でセールを実施しています。セール時には1万円以上の講座が1,500円程度になるなど破格の割引が実施されます。

こちらの問題集も、通常3,600円が、1,200円(67%OFF)になったりします。セール中だったら即買いですね。

スマホで勉強できて便利

PCからだけでなく、スマホからでも問題集を実施することができます。

本を持ち歩く必要もなく、スマホだけあれば勉強できるので、電車の中や出掛け先のちょっとした時間に手軽に勉強することができます。

もちろん途中で中断して、続きから再開することも可能です。

スマホであればUdemyのアプリもあります。ブラウザからでも使用できますが、アプリの方が操作性が上がります。

他の問題集との比較

今回紹介したUdemyの問題集の内容と、それ以外のものを比較してみます。比較した対象は以下の3つです。

・参考書
市販のソリューションアーキテクトアソシエイトの対策本の最後についている、模擬試験の問題と比較します。

・模擬試験
AWS公式のソリューションアーキテクトアソシエイトの模擬試験です。

・サンプル問題
以下のAWS公式ページにある試験問題の無料サンプルです。
(SAA-C02) 試験問題サンプル

比較した結果をまとめると以下の通りです。

  問題数 問題レベル 価格
Udemy問題集 ◎(390問) ◎(本試験相当) ○(1,200円(セール時)
参考書 ○(65問) ○〜△(まちまち) △(約2,500円)
模擬試験 △(20問) ◎(本試験相当) △(2000円)
サンプル問題 △(10問) ○(やや簡単) ◎(無料)

問題レベルの判断基準については、主観によるところが大きいです。参考程度に聞いてください。

参考書は巻末に模擬試験1回分(65問)がついているものが多いです。

その本ごとに変わってくるため一概には言えないですが、Amazonで参考書の口コミを見ると、どの参考書でも大体問題のレベルが本試験より簡単だという指摘が多い印象です。

簡単な問題ばかり解いていても本番対策にはならないし、問題数も65問だけでは少し不安なところです。

模擬試験(AWS公式)は、問題数の少なさとコスパの悪さが気になります。しかも正解率のみしか教えてもらえず、解答と解説がいっさいつかない点もマイナスです。

サンプル問題は無料なので、とりあえずやっておきましょう。

購入者の評価と口コミ

「【SAA-C02版】AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)」の購入者の評価と口コミについて確認してみましょう。

Udemyのサイトにて、以下のような評価になっています。(2020/11/20時点)

 評価:4.2点/5.0点満点中
 受講者:1549人

受講者1000人以上でこの評価は、他のAWS関連の講座と比較しても高い点数です。

さらに「最高評価」のバッチを取得しています。
(最高評価バッジは、類似するコースの中で最も評価が高かったコースであることを示しています)

口コミについては、以下のような意見があります。

■良い評価

この問題集を購入しSAA合格できました。この問題集は難しい問題が多く、テスト前に自信を無くしてしまうかもしれませんが、わからない問題を調べるうちにAWSの基本的なことや応用的なことの理解を深めることができ、大変勉強になります。この問題集を解いてテストを受けると、若干テストが簡単に思えるかもしれません。とてもおすすめできます。

実際に試験を受けてみて、いかにこの問題集が有用か分かりました。 多くの教材に手を出しましたが、このコースでわからないところを無くせば合格できます。 以前、誤字などで低評価をつけましたが、このコースに勝るものが無かったので訂正します。ありがとうございました。

■悪い評価

回答の解説の内容に誤りがあったり、理解しづらい記述があるため、今後の改善に期待しての評価です。 テストは非常に役に立つので、AWSの認定を取る方にはおすすめです。

出題される技術・サービス、問われる視点の参考資料として考えるなら悪くない。 ただ、問題文、回答に誤りや日本語のおかしい点が多く、実際にこなしているとフラストレーションが大きいです(本番の試験も日本語のおかしいことはありますが、原文の英語を確認できる点が異なります)。

悪い評価に、誤字や日本語がおかしいという点の指摘がありますが、私はほぼ気になりませんでした。

そもそも海外ベンダーの試験は、本試験でも英語を直訳したような文章になっていたりして、若干言い回しがおかしいことはよくあります。AWSソリューションアーキテクトアソシエイトも例外ではありません。

この問題集がそこまで似せて作っているのかは分かりませんが、もしかしたらその可能性もあるかもしれません。

悪い評価はこの日本語がおかしいという点や、誤記を理由にしているものが多いです。逆にいえばそれ以外はあまり悪い点はないということです。

なお、単純な誤記については随時修正されており、この問題集がリリースされてからかなりの期間が経っているので、もうだいぶブラッシュアップされているかと思います。

問題集を使用したおすすめの勉強方法

結論としては、問題集の間違えた箇所や、理解が足りないと思うAWSサービスなどを重点的に補習しましょう。

すごく普通なことしか言っていませんが、それさえやっておけば合格できます。

この問題集は自分の弱点を教えてくれるものです。

問題集の問題を解いて、解説を読んで暗記すれば十分な知識を得られて合格できるというわけではありません。

作成者が購入者とのQ&Aのやりとりの中で以下のように言っています。

「こちらの問題は全く同じ問題を予想したものではありません。出題傾向から、出題範囲や類似の問題を学習するために作成しております。」

本試験で問題集と同じ問題なんてまあ出ません。

ですが、頻出問題の類似問題など、試験内容の大事な部分はこの390問に網羅的に詰め込まれているので、あとは問題集をやってみて自分に足りない部分を自覚して、参考書などを使って勉強するだけです。

問題集を1セット(65問)実施するごとに、どの知識領域が何%の正解率だったかまで出してくれるので、しっかり活用して補習を繰り返していきましょう。

全6セット(65問×6セット)を2回ずつ実施と補習を繰り返せば、だいぶ知識がついてくると思います。

理解不足な部分を補習するために、AWSソリューションアーキテクトアソシエイトの対策本が1冊あると、すぐに関連項目を調べられるので勉強しやすいです。例えば以下のような本です。

この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト テキスト&問題集

こちらの本は図解が多くわかりやすいのが特徴です。

また、AWSのサービスごとの章立てになっているので、知りたいサービスについて確認する際に勉強しやすいです。

問題集を購入してAWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格しよう

あとは、問題集を購入して勉強するだけです。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格できれば、あなたのキャリアアップにつながり、年収アップのきっかけになりますよ。

問題集にお金は掛かりますが、一番痛いのは高い受験料15,000円を払って不合格になることですよね。問題集の1,200円(セール時価格)くらいならファミレス1回分の我慢で済みます。

試験日までの時間は刻一刻となくなっていきます、早めの行動が大事です!

今すぐ問題集を購入する

ぜひ、合格できることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました