【無料枠でできる】AWS初心者のおすすめ勉強方法、何からやるか教えます

インフラエンジニア勉強方法

この記事では、AWS初心者におすすめの勉強方法を紹介します。

AWSを勉強しようとしているあなたは、以下のようなことで悩んでいませんか。

  • AWSの勉強方法が色々ありすぎて、何から始めたらよいか分からない
  • AWSの使用料がどれくらい掛かるのか分かりにくくて恐い

実は、AWS利用料に関しては、ほぼ無料で勉強できます。

なぜなら、AWSには無料利用枠があり、アカウントを作成してから12か月間はお得に利用することができるからです。
 

私は、20代後半で全くの未経験からインフラエンジニアに転職しました。その後、AWSを学んでSAAの資格を取得し、AWS案件に従事することで年収が100万円以上アップしました。

この記事を読むと、AWSの経験ゼロから、AWS認定のクラウドプラクティショナー(初級レベル)程度の知識をつけるための勉強方法が分かります。

先に結論として、おすすめ勉強方法はUdemyの以下の動画講座です。

「超初心者が最も簡単にAWSアーキテクチャ構築を学習する講座」

AWSの無料枠内であれば無料で使用できる

AWSは従量制課金です。使った分だけ支払う仕組みになっています。

冒頭で述べた通り、AWSはアカウントを作成して12か月間は無料利用枠があります。

AWSのサービス単位で、無料で利用できる使用量などの条件が決められており、その範囲内であれば無料でAWSを利用することができます。

初心者が勉強のために触る程度であれば、ほぼ無料枠に収まります。

ただし、AWSのサービスの種類によってはその日の勉強が終わったら、インスタンスの停止や削除を忘れないようにするなど注意が必要です。

利用料金が一定額を超えたらメール通知することもできるので、設定しておいたほうがよいです。

AWS初心者は何から勉強すればよいか

AWS初心者は以下のようなことを学んでいくとよいです。

  1. クラウドやAWSの全体像・仕組み
  2. AWSを使用するにあたり前提となるIT基礎知識
  3. AWSの主要サービスに関する特徴などの知識
  4. AWSの主要サービスの操作について

1〜3はAWSに関する理論学習で、4はAWSの操作方法の学習です。

2の補足として、AWSを使用するのに最低限のIT基礎知識が必要となります。

ざっくりですが基準として分かりやすく言えば、ITパスポート試験の資格レベルの知識があるとよいです。

特にその中でも最低限知っておいたほうがよいと思うのが、プライベートIPアドレス、パブリックIPアドレス、ネットワークアドレス、通信プロトコルなどのネットワーク系の知識です。

AWSをはじめとするクラウドコンピューティングは、インターネットを介してサーバなどのリソースにアクセスするので、必ずネットワークを使用します。

そのため、ネットワークに関する知識は必須です。

AWS初心者はこの動画講座で勉強すればOK

AWS初心者は、以下のUdemyの動画講座がおすすめです。

「超初心者が最も簡単にAWSアーキテクチャ構築を学習する講座」

Udemyは動画講座によるオンライン学習ができるサービスです。講座単位で購入し、すぐに勉強を始めることができます。

この講座のおすすめポイントは以下です。

  • AWSだけでなく、IT基礎知識も一緒に学べる
  • 理論学習とハンズオンが両方学べる
  • コスパがよい(AWS参考書1冊分の価格)

前項で挙げた、1〜4の勉強すべき内容が網羅されています。

AWSの教材だと、IT基礎知識まで解説しているものは少ないのですが、こちらの講座ではそこまでカバーされています。

IT基礎知識、AWS理論、AWSハンズオンがひとつにまとまっているので勉強しやすいです。

そのため、IT未経験かつAWS未経験という人に特におすすめの動画講座です。

まずはこの動画講座をやってみて、よくわからないと思う部分は、以下に紹介するその他の方法で、さらに補足として勉強していけばよいと思います。

AWS初心者向けの勉強方法

AWS初心者向けの勉強方法として以下のようなものがあります。

  • AWS公式サイトで勉強
  • 本で勉強
  • 動画講座で勉強
  • スクールで勉強

以下より詳細について解説します。

AWS公式サイトで勉強

AWS公式サイトには多くの勉強用の資料がそろっています。しかも無料のコンテンツがとても多いです。

AWS公式のため、情報の信頼性については間違いありません。

以下より細かく解説します。

【無料】IT 初心者向けクラウド入門ウェビナー

AWSを使用するための前提となるIT基礎知識を学ぶことができる解説動画です。

IT未経験の人を対象としており、専門用語などは適宜説明しながら進んでいくので、未経験の人でも分かりやすい内容になっています。

こちらは無料ですが、視聴するには申し込みフォームに、名前、電話番号、会社名などを入力し送信する必要があります。送信後はすぐに視聴することができます。

IT 初心者向けクラウド入門ウェビナー

【無料】AWS で最低限知っておきたい 10 のことシリーズ

「AWS ご利用開始時に最低限おさえておきたい 10 のこと」をはじめ、サービスやソリューション別に最初に知っておくべき情報についての解説動画を見ることができます。料金は無料です。

こちらも各解説を見るためには、申し込みフォームに記入し送信が必要です。

初心者だけでなく中級者にもおすすめです。

初心者はまず以下の解説動画について要チェックです。

  • 『AWS ご利用開始時に最低限おさえておきたい10のこと』
  • 『AWS のネットワークで知っておくべき10のこと』
  • 『AWS でデータベースを始めるのに必要な 10 のこと』
  • 『AWS 設計のベストプラクティスで最低限知っておくべき 10 のこと』

AWS 初心者向け資料

【無料】サービス別資料

AWSのサービス別の詳細情報を、動画やPDFなどで見ることができます。こちらは無料です。

各サービスついて知りたい時に、こちらの動画資料を見るのがおすすめです。短い時間でポイントをつかむことができます。

種類も豊富にあるため、初心者にかなりおすすめです。

AWS サービス別資料

【無料】AWS 初心者向けハンズオン

初心者向けのハンズオン動画です。ハンズオンは資料を見ながら自分でも手を動かしてやってみるタイプのものです。

いろんなテーマごとに入門知識や構築手順などを学べる内容になっています。

こちらも無料ですが、申し込みフォームに記入し送信が必要です。

まずは、以下の3つの解説動画を見てみるのがおすすめです。

  • ハンズオンはじめの一歩: AWS アカウントの作り方 & IAM 基本のキ
  • Security #1 アカウント作成後すぐやるセキュリティ対策
  • Network編#1 AWS上にセキュアなプライベートネットワーク空間を作成する

AWS 初心者向けハンズオン

【一部有料】ハンズオンチュートリアル

こちらも様々な実践的ハンズオンチュートリアルが集められています。

その中でも所要時間が10分となっているものは、簡単な構築や運用を体験してみる入門編のチュートリアルです。

チュートリアル自体は無料ですが、実際に自分のAWSアカウントで構築した際の費用が掛かってきます。

ただし、ボックスの右上に無料利用枠と書かれているものは、実践しても無料利用枠内でおさまるため、実質お金は掛かりません。

ハンズオンチュートリアル

【無料】オンラインセミナー

様々なオンラインセミナーを無料で受講することができます。セミナー内容により所要時間は異なりますが、大体1時間〜2時間くらいのものが多いです。

座学形式のものもあれば、ハンズオン形式の講座もあります。

平日昼間の開催も多いですが、スケジュールが合うようならば積極的に受講してみてはどうでしょうか。

AWS イベントスケジュール

【無料】AWSドキュメント

AWSの各サービスのユーザガイドを見れます。ユーザガイドにはサービスの仕様や注意事項、操作手順などの記載があります。

手順レベルの詳細情報があるため、業務で実際に設計・構築する際などにとてもお世話になる資料です。

詳細な説明と手順まで書いてあるので、ひとつひとつにボリュームがあります。

各サービスの概要をさくっと知りたい場合は、前述の「サービス別資料」を見た方が良いです。

AWS のドキュメント

本で勉強

本は必要な情報が体系的に1冊に凝縮されており、勉強しやすいです。

また、色々な種類の本が出ているので、自分のニーズにあった最適な本が見つかるかと思います。

逆にたくさんの種類がありすぎて、どの本を読んだらよいか分かりにくい面もあります。

本の口コミなどを見て、自分のレベルに合った本を選ぶとよいです。

AWSのおすすめの本は以下の通りです。

入門編

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

AWSクラウドプラクティショナーの資格試験の参考書です。資格を受けないにしてもAWSの全体像を体系的に学べるため、本だけ買って読むのもありかと思います。

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

AWSの仕組みや技術がわかりやすく図解されています。内容としては入門編なので、非エンジニアの人が読んで理解できるようになっているレベルです。

初級・中級編

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版

よくある様々な構築パターンを紹介してくれるとともに、実際の構築手順や設定方法の解説もあります。実践的な内容で丁寧に説明がついているので、初心者でも問題ないです。

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド 一番大切な知識と技術が身につく

システム構築の際に気を付けることや、既存システムの移行のやり方についてのノウハウが凝縮されています。構築時にこういう事を考えておかないと、後でこんな問題が起きるよとか紹介されていて、とても参考になります。

動画講座で勉強

Udemyの動画講座がおすすめです。

Udemyは世界最大級のオンライン勉強プラットフォームで、動画講座を購入し受講することができます。AWS関連だと、以下のような講座が人気があります。


AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得

AWS上にWordpressを使用したWebサイトを構築をしていきながら、インフラ知識についても学んでいける講座です。講師の説明が丁寧で分かりやすいです。実際に手を動かしながらAWSとインフラ知識を勉強できます。


Amazon Web Service マスターコース VPC編

AWSでネットワークに関する設定を担う、VPCについて説明している講座です。AWSの代表的なサービスであるEC2使用時にもVPCは必須になってくるサービスです。
 

講座の料金はやや高いですが、Udemyのセール時ならば80%OFFになったりします。セールは月に1度くらいの頻度で開催されるのでこまめにチェックして、セール時にまとめ買いするのがおすすめです。

スクールで勉強

本気でAWSを学んで、クラウド専門のエンジニアに転職を考えているのならば、スクールはおすすめの選択肢のひとつです。

効率的な学習で、最短での転職を実現可能です。

ただし、費用が10万円〜40万円くらいするところが多いです。

独学で無駄に時間を割いてしまうよりも、プロに効率よく教わって短期間で技術を習得することをおすすめします。

AWSスクールのおすすめについて、以下の記事にまとめたのでご覧ください。

【未経験OK】AWSスクールのおすすめ4選!専門コースでインフラエンジニアになる
こちらのページでは、AWSを学べるスクールのうちAWS専門のコースを紹介します。 AWSのスクール受講を考えているあなたは、以下のようなことに悩んでいませんか。 スクールの選び方がわからない おすすめのスクールを知りたい ...

まとめ

AWS初心者におすすめの勉強方法について紹介しました。

おすすめの教材はUdemyの以下の動画講座でした。

「超初心者が最も簡単にAWSアーキテクチャ構築を学習する講座」

また、その他の勉強方法は以下の通りでした。

  • AWS公式サイトで勉強
  • 本で勉強
  • 動画講座で勉強
  • スクールで勉強

自分に合った勉強方法を見つけて、コツコツと継続してきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました