インフラエンジニアの学習サイトおすすめ6選!未経験からの勉強方法

インフラエンジニア勉強方法

この記事では、インフラエンジニアの学習サイトについて紹介します。

インフラエンジニアを目指していて以下のようなことに悩んでいませんか。

  • 何を勉強したらよいか分からない
  • どんな勉強方法があるのか知りたい

インフラという言葉もあまり聞き慣れないし、インフラエンジニアがどんな知識が必要となるのかイメージしづらいですよね。

私は、20代後半で知識ゼロの未経験からインフラエンジニアへの転職に成功。歴11年越えの現役インフラエンジニアです。

この記事を読むと、未経験から勉強するための学習サイトが分かるので、インフラエンジニアを目指して効率的に勉強を進めることができます

先に結論として、
未経験からインフラエンジニアを目指す人には、以下の学習サイトがおすすめです。( )内は何のジャンルの学習サイトかを表しています。

  • しかくのいろは(IT基礎知識系)
  • エンジニアの入り口(Linux系)
  • キツネの惑星(Linux系)
  • 3 Minutes Networking(ネットワーク系)
  • ネットワークエンジニアとして(ネットワーク系)
  • Qiita(IT知識全般)

他の勉強方法については以下の記事をご覧ください。

【徹底解説】未経験からインフラエンジニアになる勉強方法9選
インフラエンジニアに未経験からなるための勉強方法について解説します。未経験からインフラエンジニアを目指す場合、何をどうやって勉強したらよいか分からないのではないでしょうか。実際に未経験からインフラエンジニアになった自分の経験を踏まえて勉強方法について紹介します。

インフラエンジニアを目指す未経験者がまず学習すべきこと

インフラエンジニアを目指す未経験者がまず学習すべきこと

未経験者がインフラエンジニアを目指すために、まず学習すべき内容は大きく以下の通りです。

  • IT基礎知識
  • Linux
  • ネットワーク

ここでいうIT基礎知識とは、ITエンジニアでなくても一般業務で必要となるようなPC知識(ハードウェア、OSなど)や、セキュリティ知識などを指します。

より専門的な知識以前に土台となるIT基礎知識は必須となります。資格で言えば「ITパスポート試験」と同等レベルです。

Linux(リナックス)は、WindowsやMac OSと同じOSの一種です。IT業界ではサーバ用としてよく使われます。そのため、インフラエンジニアになるならば、必ず必要となってくる知識のひとつです。

ネットワークも必須項目です。どんなシステムであってもネットワーク通信は必須です。色々なデータを通信することでシステムが成り立っています。ネットワーク通信はなかなか目に見えづらいところがあるので、初心者にとっては難しく感じる部分だと思います。

ちなみに、プログラミングに関する知識はとりあえず不要です。

インフラエンジニアを目指す未経験者であれば、まずはプログラミングよりも上記で紹介した項目について勉強すべきです。プログラミングの勉強については、後々で問題ありません。

焦らず、ひとつずつ勉強していきましょう。

インフラエンジニアのおすすめ学習サイト

インフラエンジニアのおすすめ学習サイト

未経験からインフラエンジニアを目指して勉強するのに、おすすめの学習サイトを以下紹介します。全て無料で利用できます。

しかくのいろは(IT基礎知識系)

ITパスポート試験の合格のための無料学習サイトです。

イラストを多用していて分かりやすく、各項目の最後で確認問題(過去問)も出題されます。

サイトに無料ユーザ登録をすることで、以下の学習サポート機能を使用することができます。

 ・学習状況や問題正解率などを記録しておくことができます。
 ・各ページの記事内にメモを記録して復讐できます。
 ・掲示板へ質問ができます。

しかくのいろは

エンジニアの入り口(Linux系)

Linuxやプログラミングの入門知識を学べる無料サイトです。

Linuxについての基礎の基礎から、Linux環境の準備、Linuxの基礎知識と基本操作、初心者に必要なことが体系的に整理されています。

上から順にやっていけば、Linuxの基本的なことが学べます。

紹介されているのは入門レベルのみになりますが、各リンク先のページから、さらに細かくリンクページがあったりするので、ボリュームはけっこうあります。

未経験者であれば、まずはこの内容について勉強すれば十分でしょう。

エンジニアの入り口

キツネの惑星(Linux系)

Linuxの基礎知識を勉強できる無料の勉強サイトです。

キツネのイラストが特徴的です。

上記で紹介した「エンジニアの入り口」と比べると内容は少なめです。ファイル操作や、パーミッションなど、基本操作の説明がほとんどです。

最低限のことを手短に覚えるにはちょうどよいかもしれません。

キツネの惑星

3 Minutes Networking(ネットワーク系)

ネットワークの基礎知識を勉強できる無料の学習サイトです。

私も新人エンジニアの時にこのサイトで勉強していたので、かなり昔からあるサイトです。

博士と助手の掛け合いで話が進んでいくので、読んでいてなかなか面白いです。ネットワークの内容は初心者には難しい内容がてんこ盛りですが、未経験者でも取っ付きやすいです。

講座内容は全81回まであり、そのひとつずつが完結にまとめてあります。

おそらくサイト名の通り、講座1回を3分間で読めるという意味が込められていると思われますが、けっこうボリュームがある回も多々あります。

それでも、楽しくてなおかつ分かりやすいのでおすすめです。

ただ残念なことに、ページ内のアニメーションが見れなくなってしまいました。(Flash Playerのサポート終了による)

こちらの3分間ネットワーキングは書籍化もされており、人気シリーズとなっています。

[改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座

ネットワークエンジニアとして(ネットワーク系)

ネットワークに関する知識について、初級レベルから中級レベルまで網羅されている学習サイトです。

ネットワーク関連の資格で、CCNAの勉強などにとても役立ちます。

知識ゼロからだと難しいかもしれませんが、初級レベルになったらこちらのサイトでCCNAの取得を目指して勉強するとよいと思います。

ネットワークエンジニアとして

Qiita(IT知識全般)

Qiita(キータ)はエンジニアに関する知識を共有するためのコミュニティサービスです。

非常に有名なサイトで多くの記事があり、何か知りたいキーワードで検索を掛ければ、色々な情報が出てきます。

特定のジャンルを集中的に勉強するというような使い方ではないですが、よく分からないことがあれば検索してさくっと解決できたりするので便利です。

Qiita

学習サイトで勉強してインフラエンジニアになろう

未経験からインフラエンジニアになるための学習サイトについて紹介しました。おすすめの学習サイトは以下の通りでした。

  • しかくのいろは(IT基礎知識系)
  • エンジニアの入り口(Linux系)
  • キツネの惑星(Linux系)
  • 3 Minutes Networking(ネットワーク系)
  • ネットワークエンジニアとして(ネットワーク系)
  • Qiita(IT知識全般)

勉強は継続することが大事です。毎日少しずつでもいいので続けることで勉強が習慣化していきます。

インフラエンジニアを目指してコツコツ積み重ねましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました